重機
WWW を検索 サイト内検索
 
 

建交労・全国重機部会は、クレーンオペレーター、リース会社の職員でつくっている建設業の一業種部会です。

当部会の成り立ち

 1991年末に神戸市内で超大型クレーン車が回送時に死亡事故を起こしました。当時の運輸一般クレーン操作労働者組合が、その事故を機に、全国重機部会を結成しました。以降、大型クレーン車の安全走行を要求して国交省(当時建設省)、クレーン協会、建設業協会等に働きかけてきました。
 全国重機部会は、職場の組合員の要求をまとめて全国統一要求を掲げ、職場の労働条件を引き上げる取り組みを続けています。

全国重機部会がすすめる5つの活動

1、大型クレーン車の安全走行のために、各社、地方クレーン協会等と協力し、費用の確保、安全走行の実施・点検などを進めている。

2、職場の労働条件の改善を進める。とくに、安全作業のために調査し、要求のまとめと各方面への働きかけを行なう。

3、クレーンリース業の発展とオペレーター、職員の地位向上をめざす。

4、上記各項実現のために、経営者と各地クレーン協会と共同し、国土交通省、地方自治体、大手ゼネコン等と話しあいをすすめる。

5、年1回、クレーンオペレータと職員の全国交流集会をおこなっている。

 関東、中部、関西、九州の各地方部会をもち、各都道府県本部のもとに、クレーンリース会社に職場支部、分会を作っています。
 あなたも建交労に加入し、安全に、働きがいある仕事をめざしましょう。

全日本建設交運一般労働組合
〒169-0073 東京都新宿区百人町4丁目7-2 全日自労会館 
TEL=03-3360-8021 PCURL=http://www.kenkourou.or.jp/
Copyright (C) 2008 Kenkourou All Right Reserved